非常勤医師と常勤医師の違い

非常勤医師と常勤医師の違いはどこに?

※医師転職サイトランキングを見る!

常勤医師、非常勤医師などとカテゴリー分けされることの多い医師の働き方の形態。つまりは、常勤医師が正規の医師で、非常勤が派遣のような時間制限のある働き方と考える事も出来ると思います。

健康保険法の定義によると1日8時間程の勤務で、1週4日間、つまり30時間程の勤務が常勤医師のラインですが、実際には30時間勤務をしても非常勤扱いのままの医師もいます。もちろん非常勤の医師の場合、時短勤務、そして自分の都合の良い時に働く事ができるということはメリットですが、実際には、待遇の面で、常勤医師とはかなりの差があることは知っておいたほうがいいと思います。

具体的な例を挙げると、非常勤医師とは社会保険料を雇用主と折半できない、確定申告は自分で作成、福利厚生や年金加入の面での差、常勤医師なら当然ついてくる手当がつかない、手取り収入から控除や保険料を差し引かれることなく所得税がかかるなど、非常勤のデメリットは多いですし、要するに、収入、そして待遇の方も不安定です。

ただし、本当は、こうした時間での取り決めはあまり意味のないことでもあります。というのは、大学病院の医局で働く医師の中で、常勤扱いなのは、少なくても助手以上講師、助教授、教授のみに限られ、もちろん研修医などを含めてそうした役職がついていない医師は、すべて非常勤というケースもあるからなのです。非常勤は、常勤医師と同じように働いても、お給料の支払い方から、計上の仕方までかなり違います。

非常勤だからとって自由な働き方、もしくは自分の都合の良い働き方ができるとも限らず、はからずも医師として、研修医として生計をたてるために、ときには、常勤医師以上に長時間労働、または当直などを引き受けなければならないこともあり、病院にとっては一時のコスト、社会保険や福利厚生などを気にしなくてよい存在の非常勤医師は、不利な就業形態に、そして過酷なシフトに悩まされることが多いのが現状ではあります。医師はもし入院施設をもっている場合は、法定最低医師人数が決められているので、ときに医師不足が著しい施設などでは、非常勤医師やアルバイト医師の数さえ、常勤医師として数え、そして必要な保証に関する経費はカットするような方法も秘密裏にとられていることもあるようです。常勤医師もかなりのきついシフトを強いられることがありますが、非常勤医師がそのしわよせをくって、より不平等な働き方をしないように、最初の契約書などに銘記されている働き方を遵守するようにしてくださいね。また困ったときには転職サイトのエージェントなどに相談するようにしてください。

非常勤の求人をお探しの医師の方は医師専門の求人エージェント『リクルートドクターズキャリア』への登録をオススメします。コチラの求人エージェントでは非常勤やアルバイトの求人が豊富です。あのリクルートグループが運営しているサイトです!無料でご登録できるのでぜひご利用してみてください。

非常勤医師求人サイト人気ランキング

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートドクターズキャリア
対応エリア 全国
公式ページ リクルートドクターズキャリア詳細はこちらから
リクルートドクターズキャリアの詳細はコチラ
ランキング
サービス名 医師バイトドットコム
利用料金 無料
運営会社 株式会社メディウェル
対応エリア 全国
公式ページ 医師バイトドットコム詳細はこちらから
医師バイトドットコムの詳細はコチラ

▲ページの上へ
© 2012-2017 非常勤医師ナビ