非常勤医師の契約書

非常勤医師の契約書の内容

※医師転職サイトランキングを見る!

常勤医師でも、非常勤医師でも、病院に入局、入職する際には、契約書を締結します。これは他の職業でもそうですが、賃金や福利厚生、そして手当などの詳細について、就業前の確認としてお互いの了解、そして免責、責任の所在を明らかにするものです。殆どの契約書は、ほぼ給料や就業日数、時間、また学会のときの費用や、住宅補助や学会の際の費用負担、勤務、処遇について簡単に記されていることがほとんどです。

甲と乙、つまり病院、施設側と、医師自身が保管する為に、2通作成し、署名、捺印をして契約が発効となります。基本は労働契約の期間、仕事の場所や内容、就業時間、休憩、休日、休暇、賃金、年棒、退職に関することが銘記されています。

また保健の内容、たとえば加入保健、厚生年金、健康保険、雇用保健、労災保険、そして退職金の有無についても記載されます。

あともう一つ大事なことですが、退職の勧告についての時期、また自己都合退職についてはいつまでにその旨を申し出る必要があるのか、そのあたりもしっかり記載されることが多いでしょう。

また記載のない事項に関しては双方の話合い、協議によってその都度検討されていくことになります。もし責任の所在が曖昧だったり、より明確な記載が必要であるなら、契約を締結する前に申し出る必要があります。双方協議の上、なにか付け足す事があったり、特筆事項があるときには、契約書に銘記されることになります。

以前は非常勤勤務、また研修医の過重労働による過労死などの問題が起こった場合、やはりこうした契約書によってその裁判の行く末を占う結果にもなるので、勤務時間や、就業日数、また当直の有無やどれくらいの報酬、そして有給休暇のことなどはっきり記載してもらうべきです。そして働いている以上、難しいことかもしれませんが、できないものはできない、またあまりに体力的に、そして精神的に無理な仕事を押し付けられそうになったら、はっきりと断ることも大事です。

もちろん研修医の立場、また非常勤の立場では言えないこともあり、学閥、派閥の兼ね合い、そしていままでの人間関係が複雑に交差し、ほとんどの医師が多忙を極めるなか、自分だけ楽をすることはできないと思うのは当然ですが、ひとそれぞれ体力的に、また家庭の事情もあって同じ様には働くことができないのが現状です。そのことを最初から先方に伝え、後で問題が起こることがないようにしたいものです。もしどうしても交渉が苦手という人があれば、転職エージェントなどに条件などの交渉を代理でしてもらってもいいのかもしれません。

非常勤の求人をお探しの医師の方は医師専門の求人エージェント『リクルートドクターズキャリア』への登録をオススメします。コチラの求人エージェントでは非常勤やアルバイトの求人が豊富です。あのリクルートグループが運営しているサイトです!無料でご登録できるのでぜひご利用してみてください。

非常勤医師求人サイト人気ランキング

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートドクターズキャリア
対応エリア 全国
公式ページ リクルートドクターズキャリア詳細はこちらから
リクルートドクターズキャリアの詳細はコチラ
ランキング
サービス名 医師バイトドットコム
利用料金 無料
運営会社 株式会社メディウェル
対応エリア 全国
公式ページ 医師バイトドットコム詳細はこちらから
医師バイトドットコムの詳細はコチラ

▲ページの上へ
© 2012-2017 非常勤医師ナビ