非常勤医師応募の際の自己PR

非常勤医師応募の際の自己PR

※医師転職サイトランキングを見る!

非常勤医師としての求人に応募する場合、やはり応募する以上、常勤、非常勤に限らず、面接等も必要となりますので、それに伴い医療機関に認められるように自己PR内容も上手に考えていく必要があります。

医師が医療機関の求人に応募する場合、やはり志望動機その他を考える上でも医療機関の情報はしっかりと収集し、それに伴う自分の考え方や意欲等をまとめ、志望動機を考えていきますが、面接に伴う心構えをすることも大切です。

やはり面接ではお互いのコミュニケーションの場となりますので、話すタイミングなどを上手に考え理解し合う事が重要となりますが、この場合話す内容も当然重要ですが、タイミングも上手に見計らい話す事も大切で、医療機関側の面接官が話をしている場合は、相手の話を折らないように会話の流れに沿い謙虚な姿勢で会話を始める事も重要です。

要するに、話をする、確認したい場合は、お伺いを相手に立ててから話すということが面接をする際の基本です。更に医師の場合、スキル、経験が豊富な場合、自己紹介にしても長々と自慢げに話してしまう医師も多いのですが、そうした場合も控えめに紹介する方が医療機関側にとっては好印象となりますので、経験が豊富、スキルにも自信がある場合でも自己紹介をする場合は控えめに紹介していく事が大切ですね。

又志望動機は、非常勤、常勤に限らず、気持ちを込めて相手に伝える事が重要で、前もって収集し認識した医療機関における情報をもとに、医師として何ができるか、何をしたいか等を、気持ちを込めて話しをするという事が大切ですね。医師が常勤医として医療機関で働く場合も非常勤医師として働く場合も必ず履歴書作成、面接はありますので、面接の際には、どのように接し、話すべきかと言う事は十分に認識しておくことも大切ですし、何より「自己PRとは、自分本位の内容にならないように気をつける事が重要」で、採用側の視点等もしっかりと考慮しつつ、公平間のあるようなPRにされる事が大切です。

更にその中では、やはり採用側からの質問もありますので、その場合もどのような形でその医療機関へ勤務するかは別として、誠実に答えると言う事も心がけてください。こうした採用側の質問に対し、稀に曖昧に返事をする、曖昧な答えを言ってしまう医師もおられるわけですが、そうした場合は、印象を悪くする事となりますので、曖昧な答えより、知らない事は知らないと答えるほうが良いといえるでしょう。又、難しい提案だと感じる場合は、即答せずに前向きに考えますという感じで時間を頂く事がベストといえるでしょう。

非常勤の求人をお探しの医師の方は医師専門の求人エージェント『リクルートドクターズキャリア』への登録をオススメします。コチラの求人エージェントでは非常勤やアルバイトの求人が豊富です。あのリクルートグループが運営しているサイトです!無料でご登録できるのでぜひご利用してみてください。

非常勤医師求人サイト人気ランキング

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートドクターズキャリア
対応エリア 全国
公式ページ リクルートドクターズキャリア詳細はこちらから
リクルートドクターズキャリアの詳細はコチラ
ランキング
サービス名 医師バイトドットコム
利用料金 無料
運営会社 株式会社メディウェル
対応エリア 全国
公式ページ 医師バイトドットコム詳細はこちらから
医師バイトドットコムの詳細はコチラ

▲ページの上へ
© 2012-2017 非常勤医師ナビ